平穏インターバル- 愛しのサブリナ 6

平穏インターバル- 愛しのサブリナ 6

ハーウッドのマリッジブルーもひと段落し、幸せ家族の始まりですよ。 「この子は、名実ともにボクの子供で産まれてきてほしいから」 結婚しました。 「そんなことはボクがやるから、休んでなさい」 クレイの世帯はとても平和です。 …

コムラード・ファン- 愛しのサブリナ 5

コムラード・ファン- 愛しのサブリナ 5

サブリナとハーウッドは、「エゴの巣」で一緒に暮らすことになりました。 短期間で3回、こんだけ引っ越してくるよう言われるプレイは経験がなくて、今でもちょっとしたバグなんじゃないかと疑ってる(笑) ま、話に動きが出たので結果…

対のエゴ- 愛しのサブリナ 4

対のエゴ- 愛しのサブリナ 4

ハーウッドの彼女だったはずの女性が別の男性と結婚したことを知って、なんか色々はずみがついちゃった。 ずーーーーっとセットされていた「ハーウッドとファーストキスをする」が叶いました。ちょっと思いがけないきっかけでしたが。 …

たすけてくれるひと - 愛しのサブリナ 3

たすけてくれるひと - 愛しのサブリナ 3

憧れのアーティスト、ハーウッド・クレイに出会い、これまでのクールさが一変、好意が暴走するサブリナ。 でも、彼にやんわりと、でもきっぱりと拒絶されて、ちょっとどうしたらいいかわからない・・・。 落ち込もうが泣き喚こうが、日…

幻滅していいよ - 愛しのサブリナ 2

幻滅していいよ - 愛しのサブリナ 2

前回のサブリナの服装が適当なのは、方針が固まっていなかった頃の名残です。 軽くプレイして、面白くなりそうと思ってからキャラづくりをするので、プレイ序盤は適当かつ写真がないことが多いのです。 動きがなさそうだなーと思ってい…

私はいつも間違える - 愛しのサブリナ 1

私はいつも間違える - 愛しのサブリナ 1

「もう戻ってこないのか」 「うん、もう戻らない」 「あなたと寝ちゃったら、居候でいられなくなるの、当然でしょ」 「・・・あいつと別れると言ったらいいのか」 「本気で思ってないくせに」 「・・・」 「あなたのこと好きだけど…

裏庭の料理人

裏庭の料理人

ツインブルックの本屋と食料品店の裏にあるピクニックスペース。そこに夕方出没する、謎のマイシム炊き出し隊(謎でもないし隊でもない)。 いやね、非アクティブシムって、なんかもう色々なことを我慢してるじゃないですか。 空腹とか…

Modと私 -Baby! Baby! Baby! おまけ

Modと私 -Baby! Baby! Baby! おまけ

今日の記事は無駄に長いですよ。 今回のプレイ、Modのウフフ暴走に端を発したものでした。 私は、そもそもゲームはゲーム機でやっていたのでPCゲーム+Modという仕組み自体初めてだったんですね。 で、海外のゲームですから、…

かわいいベイビー -Baby! Baby! Baby! 5

かわいいベイビー -Baby! Baby! Baby! 5

Modによる子づくり頻発現象を逆手にとった「来る子供は拒まず」プレイ、グッド氏とパートナーになったことで、物語をたたむ時がきました。 プレイ開始直後に生まれたアルルが、とうとう大人! いやあ、感慨深いですねえ。 この頃は…

そして彼女は決断する -Baby! Baby! Baby! 4

そして彼女は決断する -Baby! Baby! Baby! 4

Modによる子づくり頻発現象を逆手にとった「来る子供は拒まず」プレイ実施中。 ・男性側からのアプローチでできた子供は必ず産んで育てる。 ・自シムからは阻止。とにかく阻止(家族志向なせいか、もの凄い高確率で子供を作りたがる…

あなたは悪いシムだけど -Baby! Baby! Baby! 3

あなたは悪いシムだけど -Baby! Baby! Baby! 3

Modによる子づくり頻発現象を逆手にとって、「来る子供は拒まず」プレイを開始。 ・男性側からのアプローチでできた子供は必ず産んで育てる。 ・自シムからは阻止。とにかく阻止(家族志向なせいか、もの凄い高確率で子供を作りたが…

Good & Bad -Baby! Baby! Baby! 2

Good & Bad -Baby! Baby! Baby! 2

Modを入れるという遊び方を覚えたプレイヤー。 フリーフィルが大変楽しくなり、シムたちの息吹をより感じられるようになったのはいいのだけれど、自発ウフフModがとにかく仕事しまくるのに悩み始めます。 中でも、「赤ちゃんを作…

イントロ -Baby! Baby! Baby! 1

イントロ -Baby! Baby! Baby! 1

アンビションを入れて始めたツインブルック。 「わー、変な人だらけー」と喜んでいたのも束の間、どうもこの街は、我が操作シムにとっては縁の強い相手が多すぎる。 そして、例の自発ウフフModの暴走により、展開されるカオスな家族…

泣いてしまいそうな君

泣いてしまいそうな君

ふと訪れた書店だか食料品店だかのベンチに座っていた彼。 か、髪型・・・。 なんかもう、トホーにくれているようにしか見えなくなって、ヘアスタイルとついでにボトムも変えておいたよ。 これで笑顔になっておくれ。 にしても、この…