「オリビエ、私、あなたのために生まれてきたんじゃないかって思うの」
「君は君のために生まれてきたんだよ、ココ。私が君と出会えたのは、偶然と幸運にすぎない」
「うん、それはわかってる。でも・・・あなたに会えなかったら、この幸せはないから。今、あなたも幸福を感じてくれているのなら、あなたのために『も』生まれてきたんだって、思っていい?」
「・・・もちろん幸せだよ。こんな世界があったのかって思うくらいにね・・・うん、じゃあ、そうだね、私も君のために生まれてきたってことになるな・・・はは」
「? どうして笑うの?」
「生まれるのが少し早すぎたかな、と思ったんだ。ずいぶん時間が違ってしまった・・・」
「オリビエ・・・ずっと、寂しかったわね?」
「・・・」

オリビエに奥さんができて、赤ちゃんができた。
血がつながらない私はどうなるのかな。このままここにいてもいいのかな。

ココは私が邪魔じゃないかな。

ココの赤ちゃんは、私と遊んでくれるかな。

・・・家族になれるかな。

"オリビエは大金持ちになり、全てを手にしたものの、一つだけ手に入れられなかったものがあります - それは家族です。しかしシャーリーという名の孤児が彼の家の前に現れた時に、彼の人生は大きく動き出します。果たしてオリビエは、シャーリーのスターになる夢を叶えてあげることができるのでしょうか?"

オリビエとシャーリーが住む豪邸「秘密の隠れ家」には、とにかく子供部屋がたくさんあります。
子供はシャーリー1人なのに。

こういうベッタベタなのに泣かされる単純な私。

大きな家を建てられるほど裕福になっても1人。自分以外の音がしない生活。
夢は「家族に囲まれて」。

その孤独を埋めてくれたのがシャーリーなんでしょうね。
2人は、ひっそり幸せに暮らしているようでした。

そこに、オリビエの夢と同じ夢を持つ女性が現れたら?

そんなことを考えて遊んでました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です