いくつかのワールドをプレイしてみて、やはりサンセットバレーのバランスは素晴らしいなあと思い直してきた。
改めて、ちゃんと遊んでみた軌跡。

いつものことですが、古いデータはとりわけ写真が少ないです。
あと、途中でゲームオプションを頻繁にいじった故の不可思議な箇所があります。

言い訳をいっぱいしとくスタイル(笑)

いつも誰かしらが集まり、賑わっているサンセットバレーの目抜き通り。
ご多分に漏れず、物語はここから始まります。

この街の新しいスタイリストは、自分の顔を売るために、とにかく色々な人と仲良くならねば! と、暇な時はいつもここにいます。

いやあ、見てるだけで楽しいねえ。

あ、そうそう、彼女の名前はアドリアナ。アドリアナ・カイザー。
いつも似通った顔で恐縮です。

モーガナ・ウォルフさん、べべ・ハートちゃんと特に仲よし。

プレイヤー的には、できれば、これまで絶対に恋に発展することがなかったコナー・フリオとくっついてくれたらいいなあと思っています。

が、そのアドリアナが密かに気になっているのは、夕刻に必ず出会う、シルクハットの紳士。
ガンサー・ゴス。

ガツガツしたところのない生来のお金持ちで、街の名家の主。ちょっと気難しいけれど、人当たりは悪くなく、街の人たちも積極的に挨拶しにきます。

性格に共通点が多いというわけでもなく、家の格も全然違うので、特に恋愛に発展する要素もないと思っていたのだけれど・・・。

何が気に入ったのか、毎日毎日、ガンサーさんから積極的に話しかけてきてくれます。

※この先、夕方~夜の写真が続くので、画面がとても暗いです。

「今日は暑いですね」
「お仕事は順調ですか」
「この間、こんな本を読んだんだけれど」

吹き出しから察するに、こんな他愛のない会話をしているだけだと思うのですが・・・そんな風に優しくされるので、アドリアナは段々とガンサーに惹かれているようです。『キスしたい』と思うレベルには。

でもまあ、お似合いの妻と子供がいるのですから、うん、ダメよね。

・・・という倫理観をヒョイと乗り越えてくるのがシムたちの世界。

ある金曜日、いつものようにガンサーと他愛ない話をしていると。

あーあ、ロマンチックモード入っちゃった。

こうなると、アドリアナの気持ちも加速してしまいますね・・・まずいな。

そしてふと、彼が言い淀み。

「・・・明日・・・」
「・・・あす?」
「・・・いや・・・」

「やあ、ガンサーさん、まだまだだいぶ暑いですねえ」
「ああ、ボイドさん」
「この間食べたレストランの新作がね、美味しくてね。今度一緒にいかがですか」
「・・・そうですね」

ガンサーは、いつも誰かしらから話しかけられているので、会話が中断することも珍しくありません。
この時も、ボイド・ウェインライトさんが、話に割り込んできました。

そして背後には・・・むむ。

ガンサーの義妹、アグネス・クランプルボトムが・・・!

アグネスはガンサーにイライラしたと思うや否や、さっと別の場所にいた、姉でガンサーの妻コーネリアにチクりに行きました(笑)

「ちょっと姉さん、お義兄さんが・・・!」
「・・・それ、だれ?」

嫉妬や怒りの矛先は、旦那ではなく相手に向かいがちな女性の心理。
一直線にアドリアナに向かってきました。

話していたのは普通の会話だったけど、妻の凄みに気圧されるアドリアナ。

そんな中、息子モティマーのことを考え、何かを迷っているようなガンサーに、プレイヤーの心は痛む。

うん、家族は大切。アドリアナ、彼はやめよう。

でも、運命は動きだしてしまったようです。

次の日、日がかげってきた夕刻、彼から呼び出されて。

長い長い時間、言葉を交わし、距離が近くなって。

「すまない」
「・・・いいの」

滝の音だけが響く夜。

誰もいない、誰にもわからない夜闇の中、ついに彼と彼女は一線を越えてしまったのでした。

のんびり不定期に続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です