モンテ・ヴィスタ。
料理人とスポーツ選手の街。

そう聞いて、私はこの黄金の太陽と城壁の街に住むことを決めた。

男性も女性も優しくて、愛情深くて、とても素敵な街だと思った。

隣人はルイス・トレド。

彼はとても気さくで慕われていて、自宅にはよく街の人たちが遊びに来ていた。
私もその1人。

かつての偉大なシェフと聞いて、料理が好きな私はレシピを教えてもらったりして。

最初は気のいいおじいちゃんね、なんて思っていたけど、だんだんと。

だんだんと。

「この街の情熱的な日差しがとても好きだ」

あなたがそう言うから、私は自分の野暮ったい暗い髪を、この街の太陽の色に染めた。

その髪を、あなたはとても綺麗だねとほめてくれて、キスをして、肌をあわせて、とても幸せだった。

でも。

あなたは彼女を選んでしまった。

あなたと彼女が一緒にいるところを見て、おんなじ速度で歩いているのが羨ましくて。

でも、きっと、そういう幸せの方が、あなたにはふさわしい気がして。

さよならを告げた。

この土地の男性は、女性を皆とても大切にするけれど、私は誰かの1人になりたい。
彼女のように。

「・・・ここなら泣いても大丈夫よね」

もし、もし、彼と友達のままでいたら。

心惹かれた人が彼でなく、別の誰かだったら。

私はどうなっていたんだろうか。

私はその時、幸せだったんだろうか。

あの日々よりも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です