モンテヴィスタの恋は、愛に変わったのかな。

子シムは可愛いなあ。

まだ気温は低いけれど春がきて、アメデオも小学生。

全員が「祭りに行きたい!」と言いだしたので、家族で遊びに来ました。

モンテ・ヴィスタのお祭り会場、作りは素敵なんですが、ちょっとお祭り感が薄いんだよね・・・。
お祭りアトラクションで遊ぶより地下を探検したりしちゃう。何もないけど。

夫妻は、相性テストをやってみるようです。

結果は・・・。

「制御不能:そのようなむき出しのエネルギーは、恋愛捜査官がクレーンゲームと共有した美しく自由だった夜を思いださせます」

うわーい、制御不能なラブラブ!
・・・でいいんだよね? メッセージがシュールでよくわからん。

でもまあ、いいムードがついてたから大丈夫大丈夫。

うん、これで物語を終わらせるふんぎりがついた。

短いようで長い日々、季節は廻り、モンテ・ヴィスタには新しい子供たちが増えています。
子供たちが成長すると、「ああ、時が流れたなあ」ってしみじみ思います。

もともとモンテは家族志向の人が多い気がするし、プレイ開始から家族・恋人が多いので、あっという間に新しい子供が生まれます。
街を歩けば子供がいて、とても活気にあふれてる。

モンテ・ヴィスタは、色々な意味で「ファミリー」な街ですね。
犯罪キャリアも多いしね!

そうそう、ルイスとパオラにも、第2子が生まれました。女の子。

ルイスはまだまだ現役だった(笑)

この末っ子ちゃんを、オーランド君が大変に可愛がっています。

ふと思い立って家の中を覗いてみたら、弟君ともハグしてたし、オーランド君は家族志向らしく、愛情深く育っているようです。

成長の過程で「誓約嫌い」がついちゃったけどね!

家族志向+誓約嫌いの組み合わせで、あちこちに婚外子をこさえるダメ男になる場合もあるけど、オーランド君には、ロマンスの方面にガツガツした特質(超ロマンチックとか誘惑的とか)はないから大丈夫かな・・・うん。

長らく婚約関係だったルイスとパオラも、夫婦になりました。

オーランド君だけはロマーノのままですが、パオラとルイスの子供たちはトレド姓となりました。

ルイジもたまにロマーノ家、もとい、トレド家に遊びに行っています。
アメデオもちょくちょく宿題しに行ったりしてるし、親戚づきあいも密にしている模様。

うん、なんかいい感じ。

ティーンに成長したルチア。

キリリとした眉毛は父譲り、の美人さんに育っています。
ほとんどメルセデス、ほんのりルイジ、といった顔構成かな・・・。

正直、私、どっちに似てるとか、あんま、よくわかんないんですよ。
どっからどうみても父(母)に似てるだろ! ならわかるんですが、ミックス度合が複雑だと思考が停止します(笑)

そして、ルイジとメルセデス。

ちょっとした困難はありましたが、今は、ルイジの昇進が目下の目標。

現在、キャリアはレベル8の少佐。
軍事キャリアは勤務日数が少なかったりで、まだかかりそう。

メルセデスは子供が欲しいそうです。
家族志向特有のボンヤリした「子供を持つ」から、「ルイジの子供を持つ」に願望がシフトしてるので、熱望の段階まで来てます。

まあ、毎日ウフウフしているので、そのうちできるでしょう。

もともと、2人の恋愛対象のどちらとつきあう? というifから始まったメルセデスの物語。

ルイジの人となりが面白くて、メルセデスそっちのけの記事になってたような・・・。
ルイスとも縁がつながり、運命のいたずらってすごい、と、感動すら覚えました。

まあ、こんな奇跡的な展開は、もう2度と起こらないだろうなあ。
一期一会、それを心底感じたプレイでした。

次にモンテ・ヴィスタでプレイするときは、もうちょっと街のシムたちとも交流できればいいなと思います。
今回、めちゃくちゃ狭いコミュニティであーだこーだしてたからね(笑)

モンテ・ヴィスタ。
料理人とスポーツ選手の街。

そう聞いて、私はこの黄金の太陽と城壁の街に住むことを決めた。

沢山の素敵な人と出会った。

みんな情熱的で、なにより家族や恋人をとても大切にしているのが素敵。

私も、すこし生真面目な男性に恋をして、そして子供を授かった。

紆余曲折あったけれど、永遠の誠実を誓い、伴侶として、ともに生きていく。

幸福にすぎゆく日々の中、たまに、私は考える。

もし、もし、彼ではない別の誰かを選んでいたら。

心惹かれた人が彼でなく、別の誰かだったら。

私はその時、幸せなんだろうか。

この日々よりも?

おしまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です