「野良犬にこの首輪をつけろよ、アイーダ。お前のものになってやる」

たまーに追加されているブリッジポート妄想駄文の中でもアダルト担当、ウラジミールくんはどうやってプロポーズしたんだろうなあ、と妄想した。

ドSだかドMだか、わからんプロポーズになった・・・。

---

あーうん、近いうちに、物語を1つ、追加しようと思います。今回の記事は全く関係ありませんが。
余裕ないけど、書きたいから書く。もともと低いクオリティが、地底深くまでもぐりこんでマグマでケシズミのようになろうとも、やりたいようにやる、それが信条。

と、告知しないと動かないので、誰も待っちゃいないけど宣言だけしとこう。

自分に首輪をつけろよ、ムツギ。

“首輪をつけろ” への2件のフィードバック

    1. うわーい、コメントありがとうございます!

      グッときて下さいましたか(*゚∀゚*) うふふー、それは良かったです。
      ブリッジポートの人たちは、ちょっとクサいこと言わせても、なんとなくOKな気がしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。