ある日、ジル・モリンズが仕事帰りにジムで汗を流していると、同僚のジェイセン・ヘンドリクスから声をかけられました。

「次の休み、同僚とオフィス外での親交を深めようと思ってね。我が家でプールパーティを開く予定なんだ。君も来てくれないかな」
「・・・まあ、気が向いたら」

・・・君はきっと気が向くと思うよ。

そしてその日、ヘンドリクス家の豪邸には、彼女と彼の2人きり。

「ところで、職場のみんなが来るようなそぶりを見せておいて、私だけっていうのはなんでかしら。あなたはこれをパーティっていうつもり?」
「うん、君しか呼んでいないし、パーティという言葉をどう解釈しようと、それは自由だろ?」
「・・・なにそれ」

「興味があったんだよね、君に」
「私はない」
「だから呼んだんだ。とりあえず今は、僕のことを考えていてくれてるじゃないか」
「・・・」

何やらよくわからない雰囲気の中、それでもそれなりにプールを楽しんで、ホストのジェイセンが食事を作ってくれて。

「何が目的でこんなことをしたのか、そろそろ教えて」

ジルは、そして本題に入るのでした。

「ああそれね。うん、ちょっと僕と深い関係になってもらいたくて」

「・・・」
「・・・」

「・・・はあ?」

のんびり不定期に、つづく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。